2019年8月6日に台風10号発生!飛行機、新幹線、電車への影響と今後の進路予想は?

2019年8月6日(火)に「台風10号」発生のニュースが取り上げられています。

台風10号(クローサ)の特徴は速度が遅く、大型で勢力が強い点。
猛烈な勢いで勢力を強めながら進んでいることが報道されました。

ここで気になるのが台風10号の影響で
飛行機や新幹線、電車などの公共交通機関への運航の影響です。

飛行機は欠航になってしまうのでしょうか?新幹線、電車は運休?お盆Uターンに直撃か?

このブログでは台風10号の今後の進路が気になる方
台風10号2019の現在位置や進路予想を米軍とヨーロッパ、気象庁の最新情報をもとに調べてご紹介していきます。



台風10号2019 現在位置

まず初めに台風10号の現在位置について見ていきたいと思います。

2019年8月11日(日) 12時45分現在は「父島の南南西約460km」
最大瞬間風速は50m/sと現在中国本土を通過する台風9号より勢力が強いことになります。

具体的な台風10号の現在位置ですが、気象庁が情報公開する以下図をご覧ください。

父島の場所は以下地図から確認することができます。

【場所】〒100-2101 東京都小笠原村父島

日本列島から南東の方角に位置しており、まさにお盆真っ只中の日本に接近、上陸する恐れが報告されています。

台風10号の今後の進路をどのように辿る予定なのか。進路予想が気になります。

米軍の合同台風警報センターとヨーロッパ中期予報センターから公表される台風進路予想情報を調べていきたいと思います!



台風10号2019 今後の進路予想

台風10号の現在位置が分かったところで、
次に台風10号の今後の進路予想について調べていきます。

台風の進路予想情報が掲載される以下サイト、

台風の進路予想情報サイト

・合同台風警報センター(JTWC)
・ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)
・気象庁

これらの情報から台風の進路予想を調べていきたいと思います。

進路予想を調べる理由は日本への上陸は考えられるか。
少しでも可能性があれば台風対策を早急に行わなければなりません。



合同台風警報センター(JTWC)の進路予想

まず合同台風警報センターの進路予想についてです。

合同台風警報センターとは「Joint Typhoon Warning Center(JTWC)」と呼ばれ、台風、熱帯低気圧について監視、警報を発する機関になります。

このJTWCによれば、台風10号の進路予想は以下図のようになります。

8月14日には九州南部、鹿児島に急接近し九州に上陸。
そして15日まで九州全域、福岡まで縦断し中国地方へ上陸。

16日の範囲は関東も含まれるほど規模の大きさを物語っています。

8月14日、15日といえば徐々にお盆のUターンラッシュの時期。
お盆の時期に勢力の強い台風が直撃してしますと飛行機や新幹線の運行にも影響が出そうです。

次にも他の台風進路予想サイトでも情報を調べてみたいと思います。

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の進路予想

次にヨーロッパ中期予報センターの進路予想についてです。

ヨーロッパ中期予報センターとは「ECMWF」とも呼ばれ、台風や気象データを集めて予報の向上させるなど目的に設立された国際組織。

そのECMWFによる台風10号の進路予想が以下図になります。

【2019年8月14日】

【2019年8月15日】

2019年8月14日、15日の2日間の台風10号の進路予想図になります。

米軍情報と同じくヨーロッパでも14日に九州南部に上陸し縦断しながら15日には中国地方で上陸。

関西、東海、関東地方にも接近、影響が出る予想となっており、西日本は台風対策は必須になりそうです。

気象庁の進路予想

最後に気象庁の進路予想についてです。

5日間の台風10号の進路予想は以下図の通りです。

米軍、ヨーロッパと同じく九州に上陸する進路予想となっています。

2019年8月14日に鹿児島に最接近し上陸。
2019年8月15日に九州全域を覆い隠すかのように台風10号が上陸、縦断して中国、四国地方へと上陸。

西日本は台風対策を取ると同時に、お盆休みで九州に帰省されている方は、飛行機や新幹線の運行状況も随時確認されることをおすすめします。

台風10号2019 現在の東京と沖縄の影響をライブカメラで確認

台風10号の進路予想が分かったところで、現在の空のリアルタイムの様子も気になりますよね。

「東京」「沖縄」の空をそれぞれ所定の位置に設置されたライブカメラを用いてリアルタイムに状況をご紹介していきます。



東京の現在の空を捉えたライブカメラ

沖縄の現在の空を捉えたライブカメラ

台風10号2019 飛行機、新幹線、電車など公共交通機関への影響は?

台風10号発生によって最も気になるのが飛行機、新幹線、電車など公共交通機関への影響ではないでしょうか。

以前から旅行の計画を立てていて、いざ今週末出かける!と思った矢先に台風10号の登場・・・

全てが台無しに。なるかどうかは今後の台風10号の進路次第になるのですが、

現時点で台風10号の進路予想を見てみると、今週末(7/27、28)に関西、東海、関東地方に上陸する可能性が高いです。

台風が接近しても飛行機や新幹線、電車は運航する場合もありますので、現時点での

・飛行機の運航状況、欠航の有無
・新幹線の運行状況、運休の有無
・電車の運行状況、運休の有無

上記の公共交通機関について情報を掲載していきます。
これらの情報は随時更新していきますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。



飛行機の運行状況と欠航の有無

飛行機の運行状況と欠航の有無についてです。

主要な飛行機を利用する航空会社、
・JAL
・ANA
・スターフライヤー
・スカイマーク
・ジェットスター
・ソラシドエア
・AIRDO

上記の飛行機に関する運行状況と欠航の有無を調べていきます。



JAL(国内線)

本日の運航の見通し(2019年08月11日(日)13時00分現在)
悪天候に伴う遅延、欠航、条件付運航(出発空港への引き返し、他空港への着陸)の可能性がある空港は、以下のとおりです。
※台風10号については、下記トピックスをご確認ください。

北海道 対象となる空港はありません。
東北・北陸 対象となる空港はありません。
関東・東海・近畿 対象となる空港はありません。
中国・四国 対象となる空港はありません。
九州・沖縄 対象となる空港はありません。

JAL(国内線)の運行状況と欠航の有無はこちらから確認することができます。

JAL(国際線)

【本日の運航の見通し(2019年08月11日(日)13時00分現在)】
悪天候に伴う遅延、欠航、条件付運航(出発空港への引き返し、他空港への着陸)の可能性がある空港は、以下のとおりです。

日本・アジア ※台風9号および香港国際空港をご利用のお客さまについては下記トピックスをご確認ください。
オセアニア・グアム・ハワイ 対象となる空港はありません。
北米 対象となる空港はありません。
ヨーロッパ 対象となる空港はありません。

JAL(国際線)の運行状況と欠航の有無はこちらから確認することができます。

ANA(国内線)

【運航の見通し(日本時間 2019年8月11日 12:30現在)】

運航概況
下記に空港名の掲載がある場合、その空港を発着する便は悪天候に伴う遅延・欠航・他空港への着陸や出発地への引き返しの可能性があります。
<8月11日>

【北海道】 対象となる空港はありません
【東北 北陸】 対象となる空港はありません
【関東 東海 近畿】 対象となる空港はありません
【中国 四国】 対象となる空港はありません
【九州 沖縄】 対象となる空港はありません

ANA(国内線)の運行状況と欠航の有無はこちらから確認することができます。

ANA(国際線)

【運航の見通し(日本時間 2019年8月11日 12:30現在)】

台風9号による運航への影響について
台風9号の影響により、以下の空港を発着する便に運航への影響が懸念されます。

<8月11日>
上海(浦東・虹橋)、青島
※青島空港を発着する便は終日欠航、また上海(浦東)空港を出発する一部の便も欠航が決定しています。

台風の進路、速度により状況が変わる可能性があります。
各便の最新の運航状況は、「発着案内」より便名・路線をご入力の上ご確認ください。

運航概況

上記を除き、遅延・欠航・他空港への着陸や出発地への引き返しの可能性がある空港は、以下のとおりです。

<8月11日>
対象となる空港はありません

JAL(国際線)の運行状況と欠航の有無はこちらから確認することができます。

スターフライヤー

【運航状況(2019年8月11日(日)11時00分現在)】
8月11日の悪天候に伴う遅延、欠航、条件付運航(出発空港への引き返し、他空港への着陸)の可能性がある便は、以下のとおりです。

【国内線】
羽田(東京)-北九州     対象となる便はありません。
羽田(東京)-福岡      対象となる便はありません。
羽田(東京)-関西(大阪)  対象となる便はありません。
福岡-中部(名古屋)     対象となる便はありません。
羽田(東京)-山口宇部    対象となる便はありません。
北九州-那覇(沖縄)     対象となる便はありません。

スターフライヤーの運行状況と欠航の有無はこちらから確認することができます。

スカイマーク

【運航状況(8月11日(日) 12時31分 現在の運航状況)】
<8月11日 悪天候が予想される空港は以下の通りです> 

【北海道】  対象空港はありません
【東北/関東】対象空港はありません
【東海/近畿】対象空港はありません
【九州/沖縄】対象空港はありません

空港名の記載がある際は、悪天候に伴う発着便の遅延や欠航、
条件付き運航(出発空港への引き返しや他空港への着陸)の可能性がございます。

各便の運航状況については、路線別発着案内よりご確認をお願いいたします。

【台風10号による運航への影響について】
大型で強い台風10号が、今後日本へ接近する予報となっております。
台風10号により運航に影響が予測される空港について、最新の台風状況を基に、順次当ホームページにてご案内いたします。

スカイマークの運行状況と欠航の有無はこちらから確認することができます。

ジェットスター

遅延・欠航時のお知らせ
大幅な遅延や欠航が発生した場合は、下記の方法により、速やかに情報を提供いたします。

・ウェブサイトの「運航状況」
・Eメール
・ジェットスターアプリ
・空港内のモニターやアナウンス

ジェットスターの運行状況と欠航の有無はこちらから確認することができます。

ソラシドエア

【運航の見通し(2019年8月11日 05時15分現在)】
本日11日は、平常通りの運航を予定しております。

ソラシドエアの運行状況と欠航の有無はこちらから確認することができます。

AIRDO

【運航の見通し(日本時間 2019年8月11日 12:50 現在)】

下記に空港名の掲載がある場合、その空港を発着する便は、悪天候に伴う遅延・欠航・他空港への着陸などの可能性があります。

北海道
平常通りの運航を予定しています
東北
平常通りの運航を予定しています
関東・東海
平常通りの運航を予定しています
近畿・中国
平常通りの運航を予定しています

AIRDOの運行状況と欠航の有無はこちらから確認することができます。

新幹線の運行状況と運休の有無

新幹線の運行状況と運休の有無についてです。

東海道新幹線(8月11日 14時34分更新)
平常運転 現在、事故・遅延に関する情報はありません。

九州新幹線(8月11日 14時33分更新)
平常運転 現在、事故・遅延に関する情報はありません。

新幹線の運行状況と運休の有無はこちらから確認することができます。

電車の運行状況と運休の有無

電車の運行状況と運休の有無についてです。

電車の運行状況と運休の有無はこちらから確認することができます。

台風10号2019 お盆Uターン時に影響あり?影響ある地域はどこ?

台風10号2019の進路予想を見る限り、お盆休みの時期(8/14,15,16)に九州に上陸する恐れが高まっています。

ただ、現時点(8/11)時点では飛行機など欠航情報は出ていませんが
今後、台風10号の影響で飛行機、新幹線、電車など公共交通機関へ何かしらの欠航や運休など発表された場合、その後のスケジュールや対応を早めに取られることをおすすめします。

また、公共交通機関の運行状況と合わせて海のレジャーや山の登山などのアスレチックにもご注意ください。

台風10号の影響による飛行機、新幹線、電車の運行状況が発表されましたら当ブログでも情報を更新していきます。



台風10号2019 ネット、ツイッターの反応

台風10号の発生、現在位置や進路予想から台風10号に対するネット、ツイッターの反応について見ていきたいと思います。

まとめ

台風10号に関する現在位置と進路予想情報をまとめてきました。

台風の進路予想情報が掲載される以下サイト、
・合同台風警報センター(JTWC)
・ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)
・気象庁

これらの情報をもとに台風10号の進路予想を調べた結果、
8月14日には九州鹿児島に接近、上陸する可能性があります。

お盆真っ只中での台風10号の影響は飛行機や新幹線などの公共交通機関にも大きく影響することが予想されます。

今後も台風10号の進路予想については情報を更新していきます。
台風10号の今後の進路が気になる方はぜひチェックしてみてください!

台風情報

台風10号2019以外に今まで発生してきた台風の情報は以下ブログ記事から確認することができます。