あなたは「ベドルジハ・スメタナ」という人物をご存知でしょうか。

2018年3月2日、ベドルジハ・スメタナの生誕195周年を記念して、
Googleロゴがベドルジハ・スメタナの顔写真に変更されていました。

ベドルジハ・スメタナは何をした人物なのでしょうか?
Googleロゴには、音符と指揮をするベドルジハ・スメタナが描かれています。

このブログでは、ベドルジハ・スメタナが気になる方に、
ベドルジハ・スメタナのプロフィールや功績、偉業などその軌跡、歴史を分かりやすくご紹介していきます!

ベドルジハ・スメタナが気になる方は、ぜひ読み進めていただけたらと思います!



ベドルジハ・スメタナとは誰?プロフィールについて

まず初めに、ベドルジハ・スメタナって誰?何者?とご存知ない方に、
ベドルジハ・スメタナのプロフィールについてご紹介していきます。

ベドルジハ・スメタナのプロフィールは下記に記載しておきます。

ベドルジハ・スメタナ プロフィール

名前:ベドルジハ・スメタナ(Bedřich Smetana)
別名:フリードリヒ・スメタナ
職業:作曲家、指揮者、ピアニスト
出身:チェコ リトミシュル
年齢:60歳(1884年5月12日没)
生年月日:1824年3月2日

チェコの作曲家、指揮者として活躍されたベドルジハ・スメタナ。

このプロフィールからGoogleロゴの
描かれている理由が良く分かりました。

60歳で生涯を終えられベドルジハ・スメタナですが、
どのような顔をされていたのでしょうか。

次に、顔画像や写真についても見ていきたいと思います。



ベドルジハ・スメタナ 顔画像、写真

ベドルジハ・スメタナのプロフィールが分かったところで、
ベドルジハ・スメタナの顔画像や写真を見ていきたいと思います。

堅い表情で、眼鏡をかけて、
長いひげを生やしています。

服装はスーツ、正装が多かったのでしょうか。
生誕195周年ということもあり遥か昔の偉人で、

Googleロゴを通して知ることができたベドルジハ・スメタナの
今までの偉業や功績についても調べていきたいと思います。



ベドルジハ・スメタナ 偉業、功績、楽曲作品

ベドルジハ・スメタナが残した偉業、功績、楽曲作品について調べていきたいと思います。

ベドルジハ・スメタナは子供の頃から
ピアノやバイオリンを習いピアニストとしての才能を発揮。

その後、プラハの学校に入学し、
音楽教師、聖歌隊指揮者として著名になりました。

音楽家として、歌劇や楽曲、作品も多く、
代表作を世に送り出しその名は瞬く間に広まり、

音楽の道に精通する方、詳しい方なら
ベドルジハ・スメタナの名前もご存知なのではないでしょうか。

そんなベドルジハ・スメタナの楽曲作品の一部を見ていきたいと思います。



売られた花嫁(1863年作品)

秘密(1876年)

わが故郷から(1880年)

ベドルジハ・スメタナ ネット、ツイッター上での反応

ベドルジハ・スメタナのネット、ツイッター上での反応について見ていきたいと思います。

まとめ

ベドルジハ・スメタナに関する情報をまとめてきました。

ベドルジハ・スメタナはチェコの偉大な
作曲家、指揮者、ピアニストで幼少期の頃から才能を発揮。

数多くの楽曲、作品を世に送り出していました。
本日3月2日がベドルジハ・スメタナの生誕195周年、

Googleロゴが指揮をするベドルジハ・スメタナを描いていました。
改めて、偉大な指揮者に敬意を表したいと思います。

ベドルジハ・スメタナに関する記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事